St Jean Cap Ferrat--Villa de Belle Epoque--


St-Jean Cap Ferrat(サンジャン・カップ・フェラ)
--ベルエポック期の邸宅--

・イントロ
地方:Provence-Alpes-Côte d'Azur
県:Alpes-Maritimes
人口:1895人
面積:4.88km2
観光案内所:59 avenue Denis Semeria

・アクセス

・電車(SNCF)
あえて、電車でいくのであれば、ヴィルフランシュか、ボーリュから歩くことになります。これは非効率ですね。

・長距離バス
ニースのバスターミナルからマントン行き(100番バス)で30分ほど。Pont St-Jean下車後、フェラ岬に入る形になります。このバス停からロスチルド邸へは、徒歩10分ほど。このバスは片道切符で往復することができます。(ただし、帰りも100番バスに乗る必要があります)
サン・ジャンの港まで行くバスは81番です。 こちらは、割引が効きません。

・紹介

ヴィルフランシュと、ボーリューの間に位置する岬をSt-Jean Cap Ferrat(フェラ岬)と呼びます。ここからみえる景色がすばらしいことでヨーロッパのお金持ちの人たちはこぞって別荘を建てました。西にヴィルフランシュの入り江、東にボーリューの蟻の湾が見える景色は、”絶景”です。
この中で、とりあけ有名なのが、19世紀の後半から始まったベル・エポック(美しき時代)期に建てられたロスチルド邸宅です。その庭園、邸宅、ティーサロン、すべてが非常に洗練されていて、うつくしい邸宅です。

この半島には、ロルチルド邸以外にも、高そうな家がいくつも建っていますが、中心となっているのは、港がある東部です。小さな村ですが、カフェやレストランなどは多くあります。また、車の通らない半島散策コースが3つ用意されています。


・観光名所、(クリックすると、説明ページへ飛びます)
・エフルシ・ドゥ・ロスチルド邸宅と庭園
(La Villa et les jardins Ephrussi de Rothschild)
 ・イル・ドゥ・フランス美術館(Musee Ile de France)
・フェラ半島(Cap Ferrat)
・遊歩道(Promenades)

・サン・ジャン・カップ・フェラの歩き方

ニースから、100番バスに乗っていくのがベストだと思います。最寄り駅Pont St-Jeanで降りると近くに、St-Jean Cap Ferrat、もしくはVilla Ephrussi de Rothschildの標識が目に入ると思うので、これにしたがって歩いていくと、10分ほどでロスチルド邸につきます。この時、右手にはヴィルフランシュのすばらしい景色が広がっているのでお忘れなく。

とにかく、このロスチルド邸が有名すぎて、カップ・フェラ=ロスチルド邸と言うくらいになっていますが、この半島にも村は存在し、その景色の素晴らしさから、3つの遊歩道が設けられています。西にヴィルフランシュや、モンボロン、東にボーリューとカップ・ダイユの景色を見ることができます。




本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
All Copyright (c) フランス屋 All rights reserved